ねいぴあの雑記帳

ドミニオンとか将棋とかミステリとか脈絡のない雑記帳

2018.1月 読んだ本

どこまで続くかわかりませんが、月ごとに読み終えた本の感想でも挙げていこうかなと思います。基本的にミステリ多め。あらすじが書いてあったりなかったりするのは感想書くタイミングでの気力の問題です・・・

 

1月は年始の休みで結構読めた月でした。

 

 

白井智之 人間の顔は食べづらい

 

感想:著者のデビュー作。食用クローン人間が合法化された世界での特殊設定ミステリ。一点だけ、犯人視点でツッコミ所はあるものの、それ以外はこの世界ならではの展開や、仕掛けが上手く噛み合ってリーダビリティの高い仕上がりかと思います。

グロ描写がちょっとだけあるのでその点は注意かも。

 

謎の館へようこそ 黒

 

感想:「館」をテーマにした、講談社タイガから出版された短編集。同タイトルの「白」も刊行されてます。黒の方は読者を選ぶかも。個人的ベストはネタでは白井智之の首無館の殺人、ストーリーでは井上真偽の囚人館の惨劇。

 

深水黎一郎 ミステリーアリーナ

 

感想:多重解決をテーマに据えた意欲作。舞台設定も踏まえて、発想の勝利でしょう。このテーマにおける傑作。

 

天袮涼 キョウカンカク

 

感想:メフィスト賞受賞作家、天袮涼のデビュー作。「音が視える」共感覚の持ち主を探偵役としたシリーズ第1作でもあります。探偵役の音宮美夜や、依頼人の矢萩のキャラがたっていて、サクサク読み進めることができました。

最終盤で明かされる、様々な謎を解く鍵となる犯人の動機は衝撃的で、満足度の高い一冊。

 

天袮涼 闇ツキチルドレン

 

感想:「キョウカンカク」シリーズ2作目。四面楚歌の状態から美夜が紡ぎ出す真相はなかなか見事。…と思いきや、その後に色々な意味で度肝を抜かれました。

矢萩さんの意味深なセリフもあり、続編読むのが楽しみ。

 

深水黎一郎 エコール・ド・パリ殺人事件

 

あらすじと感想:芸術探偵シリーズの一作目。「呪われた芸術家たち」とまで呼ばれた、通称エコール・ド・パリの一段に魅せられた画廊の社長が自宅の一室で刺殺体となって発見された。部屋の窓下には犯人の足跡はあるものの、その窓は閂で閉ざされ、そこには何故か被害者の血が塗り込められていたーーー

「読者が犯人」という禁断のテーマに挑戦したデビュー作とはうってかわって、ベッタベタな雰囲気の著者の第2長編です。タイトルにもはいっている、ある芸術家の一集団に作中作の形で触れらていますが、芸術とは無縁の私でも楽しく読み進めていくことができました。

ただ、その作中作と、破滅的な捜査陣のあるキャラクターを除いては、ストーリーの展開は地味な印象。ところが、読者への挑戦状を挟んでからの急展開は圧巻の一言。まったく想定していない真相にはやられました。

芸術とミステリが融合した傑作です。

なお、破滅的なキャラクターは著者の別作品で「大べし見警部の事件簿」で主役として登場し、ミステリのお約束を破壊する怪作に仕上がっています。

 

加納朋子 ななつのこ

 

感想:第三回鮎川哲也賞受賞作。作家と女子大生の文通を通して描かれる、連作短編集です。

作中で語られる、文通のキッカケになる作品も本作のタイトルと同一で、しかも本作も作中の「ななつのこ」も、似たような謎が扱われるユニークな作りになっています。

あまり他のミステリでは見られない、透き通った情景描写や、予定調和のような結末と相まって、読み終わると心が洗われる、そんな一冊です。

 

島朗 島研ノート 心の鍛え方

 

感想:伝説の研究会"島研"のリーダー的存在の島九段の綴る、メンタルの強さを軸としたエッセイ集。将棋に限らず、勝負事に関わる人は読んで損はないかと。惜しむらくは、下り坂の今ではなく、上昇志向の強かった高校生の時に読みたかった。

 

大山誠一郎  密室蒐集家

 

感想:密室蒐集家なる、密室に絡む謎が起きるとどこからともなく現れる不思議な存在を探偵役とする、タイトル通り「密室」をテーマにした短編集。各編に通じてなのですが、細やかな手かがりから導き出される密室蒐集家の解決は見事の一言。謎とその解明に特化し、その他の描写は可能な限り削ぎ落とした自分好みのミステリです。

個人的ベストは"何故密室はつくられるのか"に特化した講義が語られる「理由ありの密室」。

2017年

お久しぶりでございます。

 

唐突ですが、「今年の漢字」ってあるじゃないですか。私の場合は今年は「衰」ですね。

 

というのも、三十路の足音が聞こえてくる年齢なわけですが、体力や集中力の低下を如実に実感している今日この頃でありまして。

盤に向かう気力も起きませんし、ドミニオンもstefドミで1〜2戦でダレてしまいますし、ミステリも長編読む冊数もかなり減りました。

 

こんな生活していると、どことなく日常が空虚なものに感じられて、やるせない気分な日が多い一年でした。このような感情と向き合うのは初めてのことで、対処法がわからずに戸惑いの渦中でいつまでもがけばいいのか、焦りも感じています。

 

 

全体的にはそんなネガティブな一年でしたが、いいこともありました。

まず一つは県名人獲得。小学生から青森で将棋を指してきてずっと、県名人というタイトルはその時代の第一人者が就くものという憧れがありました。将棋を始めた当初はまさか自分がその座につくとは夢想だにしない出来事で、決勝終わった直後は感無量でした。今後味わえるかわからない、あの瞬間の感情だけは、ずっと胸の内に大切にしまっておきたいと思います。

 

もう一つはドミニオンオンライン杯で予選全勝で抜けたこと。あの大会、実績も実力も自分より一枚も二枚も上の方々ばかりが参戦しており、その大会で予選全勝で抜けて決勝トーナメントの8人に名を連ねたことは光栄でした。

将棋と違ってドミニオンの場合は大会に参加するということが非常に少ないので、あの大会期間中のヒリヒリする緊張感、とても楽しかったです。また、決勝トーナメント初戦のAutoさんとの戦いも2戦であんなに消耗する長時間ゲームだったこともいい思い出です。

 

 

さて、来年は、恐らく部署異動がある仕事の上でも、元奨励会三段の方が県棋界に復帰したため、アマチュアの将棋プレイヤーとしても正念場を迎える一年になるかと予想されますが、どこまで踏ん張れるか不安と期待が入り混じっています。

そんな勝負の年になりそうなので、ブログの更新頻度は今まで以上に落ちそうですが、来年もお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。

それでは皆様、少し早いですが良いお年を。

アマ名人戦振り返り(その2)

他の全国大会と違って、アマ名人戦の予選リーグは1-1になったときは同ブロックの1-1者との対局になります。(他の全国大会は隣のブロックと)

別にどっちでもいいといえばどっちでもいいのですが、できれば統一してほしいなと思ったり。

 

○予選3回戦

 

そんなわけで、予選3回戦は1回戦でも対局した京都のU氏と再戦。今回はこちら後手で相掛りに。U氏の中原流☗3七銀を工夫した序盤になり下図。

※先後反転してます。

 

f:id:Napier2784:20170909114857p:plain

この戦型を相手にする時は、基本的に6五の位を取って戦うようにしています。中終盤で☖6六歩が切り札になるのが大きいというのがその理由。

 

というわけで、上図でも趣旨にのっとり☖6五歩と突いたのですが、当然U氏は☗5六歩。他の手だとすぐに☖6六歩からの継歩に垂れ歩で先手に苦労が多そう。

 

次に☗5五歩で銀を退却するようではなにをやっているかわからないので、当然動きます。☖6六歩と迷いましたが本譜は☖8六歩。

 

f:id:Napier2784:20170909115513p:plain

 

持ち時間が50分30秒ということもあって、このあたりでは久々に15分くらい長考したような気がします。ただ、後で書きますが、長考した割には内容の質は褒められたものではなかったです。

 

☖8六歩の狙いは☗同歩☖同飛☗5五歩に☖7六飛。

f:id:Napier2784:20170909120308p:plain

☗6九玉なら☖4五銀があります。長考の中身は基本的にここから☗5四歩としたときの変化。流石にやって来ないだろうとは思っていましたが、いざ考えてみると難しい変化多くて、ついつい楽しくなって読み耽ってしまいました。

 

☖8六同飛に対する応手はは何種類かあったと思いますが、本譜は☗2二角成☖同銀☗8八銀。

f:id:Napier2784:20170909121225p:plain

この対応なら、☖6六歩~☖6五歩と☖9四角をからめればなんとかなると考えていて、まずは☖6六歩☗同歩を入れます。

その後☖9四角には☗8七銀で上手くいかないことを確認し、じゃあ☖6五歩かと思っていたら、☗6四角があるんですね・・・

完全に読み抜けていました。

あそこまで考えたのに・・・と意気消沈して☖8二飛と退却しましたがじっと☗8七歩とされ、手段が無くなり以下は完封負け。

 

1-2で予選落ちとなりました。

 

 

さて、本譜☖8二飛のところでは実はほかに手段があったようです。がっくりきたタイミングではまだ時間があったので冷静になって考えるべきでした。

☖8二飛では☖7六飛がありました。

f:id:Napier2784:20170909131607p:plain

☗7七銀は☖7四飛で☗8二歩(角)が利かないので、U氏の予定は☗7七桂とのこと。以下、☖6六飛☗6七歩☖6二飛で長い勝負ですがこれなら五分でしたかね。

 

ここまで長考したときに読めていればよかったのですが、そうではないのが今の実力という事でしょう。

 

 

他の方の対局も見る機会ありましたが、今大会の出来では自分の立ち位置としては1勝できて御の字というラインでした。

現在、青森県棋界では中高生の実力向上や、元奨励会3段の方の復帰など、非常に県代表を獲りにくい状況にあります。そのため、次の機会がいつになるかはわかりませんが、もしまた県代表になった時にはもう少し良い結果残せるようにはしたいものです。

 

 

 

 

アマ名人戦振り返り(その1)

アマ名人戦から帰青しました。

 

結果は冴えないもので、読みの精度や量、早さ、すべてにおいて他の選手よりも劣っていると痛感した大会でした。将棋に向き合う時間をもっと増やさないと、このままでは下降線をたどる一方だとは自覚していますが、正直なところ、帰ってきた今の段階では壁の高さを改めて肌で感じてモチベーションがそこまで上がらないわけで。

とりあえず、10月の赤旗、朝日の県予選終わった後に今後の身の振り方についてゆっくり考えることとします。

 

さて、以下は指してきた将棋の振り返り。

 

○予選1回戦

 

予選リーグは京都代表のU氏(元奨励会)、長崎代表のI氏(立命OB)、東京代表のK氏(元学生名人)と同じブロック。厳しいあたりであることは否めないですが、全国大会の予選はどこの組に入ってもこんな感じですね。

 

予選1回戦は京都のU氏と。

 

こちら先手でU氏の横歩取り8四飛に勇気流じゃない方の6八玉型を選択し下図。

 

f:id:Napier2784:20170904144715p:plain

ここで☗3七銀が形勢を損ねた1手。無難に☗2七歩と謝って、☗4六歩~☗4七銀☗3七桂☗3八金を目指せば一局だったように思います。

本譜は☖3四銀☗2七歩☖1五歩☗同歩☖4五桂☗4六銀☖1八歩☗同香☖1九角☗5八飛☖2六歩と進行。

f:id:Napier2784:20170904145609p:plain

手筋の端を絡めた攻めで飛車先突破が受からず、苦戦に見えますがここから☗3五歩☖2三銀☗4五銀☖2七歩成☗2五歩☖同飛に☗4四桂が予定していた切り返し。☖同歩に1六角の間接王手飛車があるのでこの筋は成立しないと思っていましたが、☗1六角に☖2六とがあるのをうっかり。

f:id:Napier2784:20170904150055p:plain

ここで☗3六銀は☖2四歩☗2五銀に☖同歩と角ではなく銀をとられて駄目。☗2五角☖同との進行では後手だけ桂馬を手持ちにしてなおかつと金も残っているので結構差が付いていますね。

☗3七銀とする直前で☗1六角打つ変化までは想定していましたが、そもそもこんな危ない橋渡らずに無難な順を選んでおくべきでした。

 

少し進み、下図。

f:id:Napier2784:20170904150958p:plain

ここでは☗8五飛で頑張れるかなと思っていました。☖7二銀には☗3五飛☖3四歩☗2五飛☖2四歩が想定される進行ですが、と金を消し、歩切れにさせているので苦しいながらも頑張れそう。

本譜は☖4五と。これには同銀で、☖同歩なら☗8一飛成で4四のスペースが空くので後手も嫌かなと。☖8四歩☗同飛☖8三歩☗同飛成☖7二銀☗8四竜☖4五歩なら☗2四歩。

どちらになるかなと思っていたら、☖9三桂!!

f:id:Napier2784:20170904151705p:plain

これは痛い。

以下☗8一飛成☖4五歩☗9一竜☖8二銀打☗9二竜☖4六歩に☗8四香と最後の勝負手を放ちますが、☖8一歩が冷静な好手。

f:id:Napier2784:20170904152142p:plain

代えて☖7四角ならまだ頑張れそうでしたが、ここで観念しました。以下は順当に押し切られて負け。

 

序盤の不用意を咎められ、そのまま逆転を許さず押し切られるという、完敗という語がふさわしい敗戦でした。

 

○予選2回戦。

 

本大会は2連敗の選手には宿泊権が与えられず、よってこの対局に負けると疲れた体をひきずりながら4時間半かけて自宅まで戻るか、自腹でホテルを探すかというどちらを選んでも味の悪い結果になります(笑)

 

対戦相手は長崎のI氏。東北六県大会でも試みたあの作戦をぶつけて下図。

f:id:Napier2784:20170904154607p:plain

突っ張った指し手を続けてこうなったわけですが、この局面の成否は後程。

以下、☖8八角成☗同銀☖6二飛☗6八玉☖6五歩☗7七銀☖6四角と進行。

f:id:Napier2784:20170904155026p:plain

この角のラインを生かした攻めを受け切れるかが勝負所。☗3七角☖同角成☗同桂☖6四角☗3八金☖3六歩☗4五桂☖3七歩成と進みましたが・・・☗1五角!!

f:id:Napier2784:20170904155422p:plain

うっかりしていたそうで、以下はいくばくもなくこちらの勝ちに。

ちなみに、☖3七歩成に代えて☖2八角成も☗1五角と4八に効かせる手があります。

 

さて、話は戻って本譜2度目の☖6四角のところでは、実は☖5四銀と退却する手があります。

 

f:id:Napier2784:20170904155704p:plain

次の☖3六歩が異様に受けにくい。☗2六飛は☖3六歩☗同飛☖2七角があります。なので、こう進んだら非を認めて☗1八角と打つ予定でしたが、これでは冴えないですよね。

実はこの筋、後手が☖6二飛☖6五歩の2手が無くてもあって、その場合はこちらの玉の位置が5九なのでさきほどの☖2七角がないのですが、その代わり☗2六飛には☖1五角☗3六飛☖4五銀で駄目。

ということは、最初の☗3四歩とした局面がやや苦しいという結論になります。(☖8八角成☗同銀に☖5五角とすれば上記の順になる)

どこかで☗5六歩か☗6九玉とかで1手溜めるのが正解でしたかね。ここ最近使っている指し方なので、実戦も研究も不足しているのが結果に表れなかったのは幸運でした。

 

これで1勝1敗。次戦は予選抜けを懸けた対局です。

 

(続く) 

 

ドミニオン新拡張:「Nocturne」発表

Twitter上や他のドミニオンブログでもすでに情報が出ておりますが。

 

http://riograndegames.com/Game/1328-Dominion-Nocturne

 

帝国に次ぐ、11番目の拡張セットの発表です。直訳すると「夜想曲」ですか。

以下はRio Grande Gamesの上記HPからの引用です。

This is the 11th expansion to Dominion. It has 500 cards, with 33 new Kingdom cards. There are Night cards, which are played after the Buy phase; Heirlooms that replace starting Coppers; Fate and Doom cards that give out Boons and Hexes; and a variety of extra cards that other cards can provide.(引用終わり)

 

  • 33種の王国カード
  • 購入フェイズ後に使用するNightカード
  • ゲーム開始時に銅貨と置換されるHeirloom(家宝)
  • BoonとHexをもたらすFate/Doomカード
  • さまざまな特別なカード―――他のカードを供給する

 

重要な情報としてはこんなところですか。(英語力低いので、間違ってたらすいません)

 

10/18に発売で、例年のごとくカードプレビューも発表になるとの事。冒険や帝国発売前夜の盛り上がりがまた見れそうですね。

 

ここまでは、他の方々のブログでもわかる内容になってますので、ここから先は新拡張発表に伴い、個人的な思いをつらつらと。

 

ドミニオンの拡張セットは、新拡張が発表になるに伴い、新しい概念がその都度追加され、ドミニオンというゲームの枠が変容しているイメージです。

  • 陰謀:大広間や貴族といった複合タイプを持つカード
  • 海辺:トークンやマット、持続カード
  • 錬金術ポーションという新たなコスト
  • 繁栄:プラチナと植民地、勝利トーク
  • 収穫祭:サプライ外からのカードの供給(これは闇市場ですでに表現済みだが)
  • 異郷:獲得地効果
  • 暗黒時代:廃棄時効果、避難所、廃墟
  • ギルド:コイントークン、過払い効果
  • 冒険:リザーブカード、トラベラーカード、イベント
  • 帝国:ランドマーク、負債、スプリッド

ざっと思いつく限りだと上記のような感じ。そして、当たり前ですが拡張規模が大きければ大きいほど、それに比例してゲームの枠組みも大きく変容しているように感じます。

個人的にそれを感じたのは暗黒時代と冒険、帝国。

暗黒時代はそれまでの拡張で最多の35種類の新規王国カード群を保有。この拡張で出てきた廃棄時効果はなんというか、王国カードの組み合わせで「できること」があまりに多くなりゲームの複雑さ・インタラクションの多様さがいきつくところまで到達した感じがします。

だからというわけではないでしょうが、冒険では「イベント」という王国カード以外の考え方が登場し、新規王国カード最多の36種類を誇る帝国では、ついには得点計算に大きくかかわる「ランドマーク」が発表されました。

 

自分がドミニオンをやり始めた時は、基本・陰謀しかなかったため、そのときのことを思うと隔世の感がありますね。

 

さて、今回の新拡張では33種類の王国カードということで、これは現在発表になっているなかでは3番目の規模の大きさ。そして、すでに発表になっている情報を見るに、どうやらまたゲームの枠組みが大きく変わる予感がします。

冒険や帝国、基本陰謀2ndの考察全然深まっていない現状なので、期待と不安が入り乱れていますが、とりあえずは約2か月後の全容発表を楽しみにしたいと思います。

 

・・・ところで、Stefドミにはすぐ実装になるのでしょうか。なるにしても、日本語訳終わるまでは日本語・英語表記混じった対応になるのでしょうか。

 

東北六県将棋大会振り返り(その6)

盤上以外で感じたことを箇条書きで振り返り。基本的には愚痴多めです。

 

  • 今大会は全選手の携帯を預けることに。預け先は自分の県の監督なのですが、できれば大会本部で一括預かりしてほしかった。万が一の紛失とかあったときにとても揉めそうなので、ルール発案した側が責任もって預かってほしかった。
  • 大会自体は公開されていて、観戦者も結構な人数いたのですが、対局中に間近で観戦者の携帯が鳴ったのは頂けない。1回ならマナモードの設定忘れ、電源の切り忘れなどなどあるのでまぁ、仕方ないです。が、その人、一度鳴った電話に出て、観戦に戻って数分後にもう一度携帯鳴ってましたからね。観戦者を排除しろというわけではないですが、最低限のマナーは守ってほしい。
  • 他県の代表選考、並び順の基準を明文化してほしい。主催紙の推薦ならそれはそれでいいので。誰が自分のポジションにきても勝てばいいだけではあるのですが、後出しで決められている感じがして、もにゃっとした感情を抱いたこともあったので。
  • 大会会場のホテルは恐らく秋田市内でも相当グレードの高いホテルだったように思います。加えて、各紙とも大きい規模で大会の事を報道していただき、参加者として深く感謝しています。これからもよろしくお願い致します。
  • 大会終了後は秋田市内の居酒屋で打ち上げ。テーブルに将棋盤を広げ、各々指した将棋を肴に瞬く間に時間が過ぎて行きました。負けて辛い事も多いですが、こういう機会があると、将棋続けていてよかったと再確認。今後も、姿勢はその時々で変わるかもしれませんが、この世界に携わっていきたいと思います。

 

筆不精で間が開きましたが、なんとか7月中に書きたいことは書き終わりました。六県大会の振り返りはこれでおしまい。

次は青函交流大会のことを書くかも。

 

東北六県将棋大会振り返り(その5)

4回戦を終え、自分の弱さに打ちひしがれていましたが、昼食休憩があったのは幸いでした。正直こっそり青森に逃げ帰ろうかとも考えていたのですが、1時間弱あった休憩を使ってなんとか気持ちを立て直し、最終戦の条件を確認して、前向きな気持ちで盤の前に座ることができました。

 

終戦の相手は宮城県。大学の後輩2名が大将・副将に座り、先鋒には学生名人準優勝の棋歴を持ち、最近首都圏から地元宮城にカムバックしてきた若きエース。かなり若いチームです。

 

さて、最終戦の条件ですが、まず優勝はここまで土つかずの岩手県で確定。狙える最高順位は2位。その2位争いは、

青森:チーム2勝 個人勝ち点合計5

秋田:チーム2勝 個人勝ち点合計6

宮城:チーム3勝 個人勝ち点合計7

の3チーム。順位決定方法は①チームの勝数②個人勝ち点の合計③チームの直接対決の結果の順で決定されます。

つまり最終戦の条件は・・・

  • 青森負け・・・4位以下。入賞圏外。
  • 青森が2-1で勝ち・・・宮城に3勝で並ぶが個人勝ち点は上回れず。秋田が最終戦勝てば秋田にも個人勝ち点負けるため4位。秋田負けなら3位。
  • 青森が3-0で勝ち・・・宮城を上回るため3位以上確定。秋田が2-1以上した場合、直接対決で負けている為3位。秋田負けなら2位。

他力ですが2位の条件はあるのでそこを目指して(つまりは3-0目指して)頑張ろうとチーム内で共有。ここまでチームの足を引っ張るような成績でしたが、最終戦に貢献の機会がまだある、ということを確認できたのが立ち直ったきっかけになったような気がします。

 

5回戦:対宮城県

 

お相手は大学の後輩であり、現役の大学3年生のA氏。現状の大学将棋部内ではエースポジションにいるわけで、正直一番脂の乗った時期の部内エースと、下降線をたどり始めたアラサー県代表では客観的に見て前者有利と思っていました。とはいえ、チーム事情もあり、かつ、後輩に情けない姿は見せられないと思い盤の前へ。

先手を引き当て、1・2局目でも試みた早繰銀を志向するも、下図から☖6二銀☗7八金☖4四歩からA氏の陽動振り飛車に。

f:id:Napier2784:20170723154812p:plain

こちらがミレニアム、A氏がダイヤモンド美濃に組み駒組みの飽和点を迎えた下図。☗8六歩と☖5四歩の交換を入れたところ。こちらが手損なしで組めているのに対して、A氏は陽動振り飛車の宿命で3手損(7二の銀は6三から引き、4二の飛車は2二から展開)のため、作戦勝ちを感じていました。

f:id:Napier2784:20170723160314p:plain

ただ、それは上図から先攻できればの話。黙っていれば☖5五歩があります。なにはともあれ☗2四歩☖同歩☗3五歩。☖3五同歩には雑に☗同角としてしまってよさそう。☖3六歩には☗3四歩☖2二角☗2四角としてなんとかなりそうですかね。☖3五同歩に☗同角に代えて☗2六飛でも不満無しだと思います。

本譜は☗3五歩に☖4四飛。以下、☗2六飛☖3五歩☗同角☖3四飛☗3六飛で下図。

f:id:Napier2784:20170723161859p:plain

 仕掛け直前に☖5四歩を突かせた意図がこの局面を想定したもの。次に☗7一角成があります。それを避けて☖8三玉もあるかなと思いましたが、☗4五桂☖2二角☗2三歩とし、続けて☗3七歩~☗5七角の予定。

本譜は☖4四角の決戦策。☗同角☖3六飛☗4五桂☖3八飛成☗5三桂成☖4三歩☗5二成桂☖4四歩☗6一成桂☖同銀と進行。

f:id:Napier2784:20170723164610p:plain

守備金2枚を剥ぎ取り好調ですが、ここで次の手は選択肢広く難しい。筋は☗6五歩かなと思いましたが、諸刃の剣。☗5三金☖7二銀引☗7五歩も7六のスペース空くので同様。事前に考えていた2択が潰れどうしようかと思っていたのですが、☗4三角☖7二銀上☗6二金を発見して安堵。

f:id:Napier2784:20170723170258p:plain

☖3九飛☗6八金引に、A氏の予定は☖3五角とのことで、☗6七金打と使うようでは変調ですが、☗6三金☖同銀☗6一角成で寄り。

f:id:Napier2784:20170723170919p:plain

この変化を読み切れたのが幸いでした。本譜は☖3五角に代えて☖3一竜。以下☗5三金☖3三飛成☗3四歩と進み、自陣に全く怖い所がなくなり勝勢。このあとは寄せをぐだって長引きましたが押し切ることができました。

 

負けた前2局が悲惨な内容で、気持ちが折れかかりましたが最後は自分らしい直線的な内容で勝つことができてホッとしました。

ちなみに、チームは2-1勝ち。秋田が福島に負けたことにより3位滑りこみ。なんとか入賞圏内を確保しました。

 

個人成績は2-3で5位。決して満足できる成績ではなく、また、自分の弱いところが浮き彫りになった大会でした。もし、次の機会が与えられるのならば、今回の経験を糧にして修練して臨みたいと思います。

 

盤上の話はこれでおしまいですが、振り返り記事はもうちょっとだけ続きます。

 

(続く)